47都道府県の美味しいご当地おむすびを味わえるのは百千(ももち)だけ

2019-08-07
カテゴリトップ>ミリタリーウォッチ>ドイツ製Laco【ラコ】
ステンレスバンドでより使いやすい!LACOの人気モデル!復刻!ドイツ空軍採用のLaco【ラコ】自動巻きパイロット・ミリタリーウォッチ/腕時計
メーカー希望小売価格はメーカー商品タグに基づいて掲載しています。

第二次世界大戦時にドイツ空軍に制式採用されていた
Laco【ラコ】のミリタリーウォッチを復刻!
昨今値上がりするETA社自動巻きムーヴメントですが
日本のMIYOTA社の自動巻きムーヴメントを採用することで
リーズナブルな価格での販売が可能になりました。
見やすい視認性高いLaco【ラコ】をお手頃価格で楽しめます。

※ドイツ第二の時計工業地域だったシュバルツバルト
(黒い森)の北に位置するポルツハイムにあった
ラシャー社【Lacher&Co.】
この会社名を略してLACO【ラコ】と、ムーヴメントに
標記したのが始まりです。
第二次世界大戦のドイツ軍ミリタリーウォッチの中でも
数多く生産をしていた時計メーカーです。

このモデルは、特に爆撃機、偵察機などの
作戦行動で最も重要な「分」と「秒」の視認性を
重視した文字盤です。
そのため「分」の表示が大きく外側に書かれています。

生産国:ドイツ
MIYOTA社自動巻きムーヴメント搭載
21石
ハック機能【秒針停止機能】なし
機械が見える裏ブタスケルトン
ステンレスケース
つや消し仕上げ
サファイアクリスタル
暗闇で光る夜光針&インデックス
ステンレスバンド
日常生活防水
メーカー保証付き

ケース直径 約42ミリ
ケース厚さ 約13ミリ
バンド幅20ミリ

※入荷時期などにより若干仕様変更がある場合が
御座います。何卒ご了承お願い致します。







第二次世界大戦時にドイツ空軍に
制式採用されていたLaco【ラコ】
当時のモデルを復刻した自動巻き。
ステンレスバンドが登場で、より普段使い
しやすいデザインになりました。

加坪屋なら送料&包装無料です!



▼ドイツ軍パイロット・ウォッチに採用されたLaco【ラコ】
1920年代のドイツでFriedo Lacher氏とLudwing Hummel氏に
よって時計製造会社が創業され、その後1936年に
Friedo Lacher氏の息子であるErich Lacherによって、現在の
Erich Lacher Uhrenfabrik社が設立されました。
Lacher&Co,から略され名付けられたLaco【ラコ】ブランドの
腕時計は、第二次世界帯電のドイツ空軍パイロット・ウォッチ
として採用され、一躍有名になったのです。
このドイツ軍パイロット・ウォッチは、時刻確認の視認性の高さ、
時計が反射しないようにつや消しケース、高い精度とスペック
の規制が厳しく、全ての条件をクリアしたモデルのみが軍に
採用されております。
▼現在のLacher【ラシャー】社
Lacher【ラシャー】社は、それほど大きな時計メーカではありませんが現在でも腕時計を製作し
続けており、6代目が跡を継いでおります。そして驚くべき事に、今現在も第二次世界大戦当時の
腕時計がメーカーにはきちんと数本現存されており、それを元に様々な復刻モデルを製作しております。
また、社名を略したLaco【ラコ】の他に、アバカスなどのデザイン・ウォッチや社名をそのままモデル名
にしたLacherウォッチなども製作。2005年には、NEWモデルとしてLaco復刻の懐中時計や防水性ある
ヨットマスターシリーズのラコ・ネイビーなども製作しております。
スイス時計には無い無骨なマイスター精神溢れるドイツ製ウォッチを、リーズナブルな価格で販売しております。



■LACO【ラコ】創業時の時代背景
ラコの創業は、1920年代半ばのドイツ。
1925年、フリーダ・ラッハー(FRIEDA LACHER)とルードヴィッヒ・フンメル(LUDWIG HUMMEL)によって創業。
1936年、フリーダの息子であるエーリッヒによってエーリッヒ・ラッハー(ERICH LACHER)社として設立。

ラコの名の由来は、「LACHER & CO」の頭文字をとって、「LACO」としたものです。

第一次世界大戦の時代。
1918年からの人類史上初めての悲惨な総力戦は、ドイツを含む三国同盟側の敗北へ。
戦争で家族を奪われ、物価高に苦しめられる生活。
やがて国民の不安や憤りが1939年からの第二次世界大戦へとつながっていきます。

ラコの創業時は、時代背景としては、ふたつの大戦のはざまにあたります。
飛行機、飛行船、戦車、潜水艦、毒ガス、その他の軍事用品。
皮肉なことに、戦時の兵器の必要性にともなって科学や生産技術が飛躍的に発達する側面を
私たちは否定することができません。
いわずもがな、時計のような精密機器もそこに含まれます。
ラコの製品を通して伝わってくるのは、激動の20世紀の記憶なのです。


■天測航法とパイロットウォッチ
第一次世界大戦以降、各国の軍事戦略において、空中からの爆撃や偵察がより重要視されるようになりました。
第二次世界大戦では、ナビゲーションウォッチの品質・精度の高さが爆撃機や偵察機のパイロットの任務を支えていました。

偏西風や気象条件の影響を受けやすい空の航行では、位置測位が不可欠でした。

天測航法では、何時に太陽や月、星々がどの角度で見えたか、この情報の積み重ねで位置を推測していきます。
そして、時間を測って自分が進んでいる速度がわかれば、目的地までの距離と時間も見積もることができます。
進んだ距離と方角を正確に知るためには、信頼できる時計が必要でした。
時刻を知らせる機器の正確さが、方角と距離の推測を導き出し、ひいては目的地までの燃料計算など、
パイロットの命にかかわる数値となったのです。

第二次世界大戦中、ドイツ空軍へ高い精度と信頼性を求められたナビゲーションウォッチの納入を認められたのは、
IWCやランゲ・ゾーネなどのたったの5社。ラコもその5社のうちに含まれています。
その中でも、自社製の精度の高いムーブメントを供給できたのは、ランゲ・ゾーネとラコ、この2社だけでした。


■20世紀の記憶を次世代へ引き継ぐ時計
ラコ製品の代名詞ともいえるパイロットウォッチは、特化した使用目的のために製作されていたため、
デザインも独特の様相を呈しています。
文字盤の上下をすばやく認識できるように印字された12時位置の三角形のマーク。
パイロットが分厚い手袋をはずさなくても操作できるように工夫された大きなオニオン型のリュウズ。
夜間飛行時にも耐えうる針やインデックスのルミノス加工。
いくつかのナビゲーションウォッチモデルには、航法計測機器に分類される「FL23883」という当時の
機密記号がケースに刻印されています。
さらには、服の上からでも時計を着脱できるオーバージャケットストラップに、
頑丈なリベットつきのレザーベルト。
こういった外装品にも独特なデザインの仕様がみられます
。当時のデザインをそのままに残すことは、そのまま20世紀の記憶を次世代へ引き継いでいくことへとつながります。




第二次世界大戦時のドイツ空軍モデルを復刻!
価格
65,000円 (税込70,200 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
メーカー取り寄せになります。
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く